看護師からのメッセージ

先輩からのメッセージ

二戸病院 佛川 舞(ブツカワ マイ)

※平成27年 岩手県立大学卒業

PNSを導入しており、先輩方とパートナーを組んで2人1組で看護を行っています。病棟間異動を経験しましたが、ペアで一つ一つ確認をしながら業務を行うため、安心してたくさんのことを学ぶことが出来ていると思います。

また急性期から終末期までの様々な患者さんに関わることが多く、そういった事ができるのも県立病院ならではでないかと感じています。皆さんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています。

 

二戸病院 斉藤 咲子(サイトウ サキコ)

※平成27年 岩手県立二戸高等看護学院卒業

私は進路を検討する中で、岩手県で看護師が不足していることを知りました。生まれ育った岩手県の医療に貢献し、恩返しをしたいと思い、看護師として岩手県立病院に就職することを決めました。

入職当初は仕事が覚えられるか不安でしたが、親身になって相談に乗り丁寧に指導してくださる先輩が多く、少しずつ成長していると実感しています。

岩手の方々への感謝を忘れず、さらに学びを深め、温かみのある看護をしていきたいです。

 

二戸病院 看護師兼助産師 阿部 汐(アベ シオ)

看護師として医療局に採用され3年が経過した一昨年、過去に産婦人科で勤務していた際に感じたやり甲斐や助産師への憧れが忘れられず、大学に進学して助産師の免許をとり、今年度から二戸病院に着任しました。当院は県北の地域周産期母子医療センターとして多くの妊婦さんが来院され、地域に必要とされている病院であると感じています。地元の病院で働くことができ、先輩方にも恵まれ、毎日やり甲斐を感じています。

 

中部病院 菊池 鮎美(キクチ アユミ)

※岩手県立大学 看護学部 卒

私は地元の医療に貢献したいと思い、岩手県立病院を選びました。入職当初は不安もありましたが、先輩方の丁寧な指導や新人研修等が充実しており、安心して働くことができています。

また、急性期から終末期まで多様な患者さんの看護を行うことができ、学びも多くあります。時には辛い事もありますが、患者さんから頂く言葉や笑顔はやりがいにつながっています。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

中部病院 松本 友里(マツモト ユリ)

私は県外の看護学校へ進学しましたが、地元に貢献したいという想いから、研修や教育体制が充実している県立病院へ就職しました。

悩んでしまうことや不安なこともありますが、先輩方から丁寧に指導・サポートしていただきながら、温かい環境の中で、日々多くのことを学んでいます。いつかみなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

中部病院 助産師 吉田 百(ヨシダ モモ)

私は、県立病院で出産を経験し、育児休業、育児時間、部分休業を取得して、現在3人の子育てをしながら奮闘しています。

職場復帰の際には、復職者の研修時間も確保されるなど、教育制度が充実しています。医療局では、入局後に、助産師の資格を取得する制度が生まれ、勤務しながら資格取得をバックアップしてくれる環境が整いました。

是非、私達と一緒に働き、共に学びを深めながら、地域の周産期医療を支えていきませんか。

 

久慈病院 助産師 古舘 慶子(フルダテ ケイコ)

産婦人科を含め8科の混合病棟に所属しています。妊婦健診から産褥期まで通して患者さんに関わることで患者さんに寄り添ったケアができ、命の誕生や赤ちゃんの成長を一緒に喜び分かち合えています。

日々忙しいですが、自分の「やりたい」という気持ちを大事にしてくれる職場の中で様々な経験をさせていただき、やりがいを感じています。

医師や上司の協力の下、助産師としての知識とスキルを発揮でき楽しく働ける病院です。

 

胆沢病院 齊藤 かえで(サイトウ カエデ)

※水沢学苑看護専門学校 卒

私は地域に貢献したいという思いがあり、幼いころから身近な存在である県立病院を志望しました。

はじめは不安でいっぱいでしたが、先輩から優しく丁寧に指導して頂き、日々知識や技術を身に着けて行く事ができました。

また、患者さんが元気に退院していく姿を見た時や「ありがとう」と言葉を頂いた時、看護師としてやりがいを感じています。

ぜひ皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

胆沢病院 菅原 望(スガワラ ノゾミ)

※東北文化学園大学 卒

私は仙台の大学に進学しましたが、就職先を考えた時に、自分の生まれ育った岩手県で働きたいと思いました。看護師の仕事は大変ですが、地元で働くことで家族や友達に相談もしやすく、心強いと日々感じました。病院のスタッフも優しく、とても働きやすいです。みなさんと一緒に働ける日が来ると楽しみに待っています。

 

釜石病院 佐藤 葵衣(サトウ アオイ)

※水沢学苑看護専門学校 卒

岩手県立病院のホームページを見たり就職説明会に参加し、教育・研修体制が整っていて自分が成長していけると感じ、就職を決めました。一年目は初めてのことばかりで、緊張と不安でいっぱいですが、プリセプターさんや先輩方が親身にサポートしてくれます。同期も多いので色々な意見を聴くことができたり、励まし合ったりと共に成長していけます。

みなさんと一緒に働き、学べる日を楽しみにしています。

 

釜石病院 臼井 成美(ウスイ ナルミ)

※八戸看護専門学校 卒

県立釜石病院に就職して、もうすぐ1年が経とうとしています。私が所属している病棟は、脳神経外科病棟です。患者数も多く毎日忙しくもありますが、様々な看護技術や知識を身につけることができ、やりがいのある病棟です。新人教育の点でも、プリセプターと技術指導者の先輩方が、指導してくださり、精神的な部分もケアしてくださるので、安心して働くことのできる環境です。皆さんも是非、一緒に県立病院で働きましょう!

 

大船渡病院 渋谷 潤(シブヤ ジュン)

※気仙沼市医師会附属高等看護学校 卒

私は県外の看護学校へ通っていましたが、将来は生まれ育った岩手県の医療に貢献したいと思い県立病院への入職を決めました。

配属となったのは手術室でした。分からないことや辛いことが多かったのですがプリセプターを始めとする先輩方がとても優しく技術面でも精神面でも支えてくださいました。そのためどんな壁でも乗り越えていけるようになり楽しくやりがいを感じながら働いています。是非岩手県で一緒に働きましょう!

 

大船渡病院 日野沢 舞(ヒノサワ マイ)

※岩手県立二戸高等看護学院 卒

私は地域包括ケア病棟に勤務しています。この病棟は急性期の治療を終えて症状が安定した患者さんに対して治療の継続やリハビリを行い、在宅や施設への退院に向け支援していく病棟です。

患者さんや家族が安心して退院できるように、思いに寄り添った関わりを心がけています。落ち込んだりすることもありますが、患者さんの笑顔に癒され、また頑張ろうと思えます。県立病院は教育・指導体制がしっかりしているので知識・技術を身につけながら働くことが出来ます。皆さんと一緒に県立病院で働くことができたらとてもうれしいです。

 

中央病院 助産師 阿部 邑佳 (あべ ゆうか)

私は高校生の時から助産師になりたいと思っており、一旦看護師として就職し2016年に助産師養成校へ入学しました。進学に際し、「修学部分休業制度」を利用し働きながら学ぶことで、助産師の資格を取得できました。今、岩手県立中央病院で夢だった助産師として働くことができ、赤ちゃんや産婦さんと関われることにとてもやりがいを感じています。皆さんも一緒に岩手県立病院で楽しく働きましょう!

 

中央病院 伊藤 奏瑛(イトウ カナエ)

※平成28年 秋田大学医学部保健学科看護学専攻 卒 

私は、地元である岩手の医療に貢献したいと思い、岩手県立病院を志望しました。中央病院で助産師として働き始めて1年が経ちました。入職当初は自分の不甲斐なさに落ち込むことが多かったですが、プリセプターをはじめとする諸先輩方に丁寧に指導していただき、少しずつできることも増えてきました。患者さんやご家族の笑顔、「ありがとう」という言葉に日々元気をいただいています。みなさんも岩手県立病院で一緒に働きましょう。

 

中央病院 八重樫 晴香(ヤエガシ ハルカ)

※平成27年 岩手県立大学看護学部 卒 

就職活動を始めた頃は、県外就職を考え様々な病院のインターシップに参加していましたが、次第に生まれ育った地域で貢献していきたいという気持ちが強くなり県立病院を選ぶきっかけとなりました。実際に就職してみて、先輩方のサポートがあるので日々スキルアップし、安全な看護が提供できていると思います。急性期から終末期まで、様々な患者さんと関わることが多く、そういった患者さんと関われるのも県立病院ならではでないかなと感じています。今就職活動で悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、ぜひ一緒に岩手の看護に貢献していけたらいいなと思っています。

 

大船渡病院 大浦 恵(オオウラ アヤ)

※平成27年 岩手県立宮古高等看護学院 卒 

私は、外科・整形外科病棟に所属しています。手術件数が多く、また状態変化の激しい周手術期の患者さんとの関わりが主となるので、忙しいですが、充実した日々を過ごしています。仕事を行う上で、戸惑う事、不安な事は勿論ありますが、当院ではPNSを採用しているので、常にペアで相談しながら業務を進めることで、1年目からでも安心して働くことができます。忙しくも楽しくやりがいのある職場でみなさんも働いてみませんか。

 

釜石病院 奥村 幸宏(オクムラ ユキヒロ)

※平成25年 岩手県立二戸高等看護学院 卒 

東日本大震災津波がおきた当時、私は看護学校の1年生でした。被災地での看護活動を見聞きするたびに、少しでも力になりたいという思いが強くなり、進路を迷わず県立病院に決めました。

現在、県立釜石病院に配属され4年が経とうとしています。周りの先輩方のサポートを受けて多くのことを学び、安心して働くことができます。これからも一つ一つ学びを深めながら、少しでも患者さんの支えになれるようにがんばっていきます。

宮古病院 豊島 仁美(トヨシマ ヒトミ)

※平成25年 岩手看護短期大学 卒

宮古病院で働き始め5年目になりました。宮古病院ではPNS®を導入しており、先輩方とパートナーを組んで二人一組で看護を行うため、毎日安心してたくさんのことを学ぶことが出来ています。患者さんやそのご家族とのかかわりの中で嬉しいことや辛いことなど色々な経験をし、看護師としてだけでなく、社会人としても成長できていると感じています。皆さんと一緒に笑顔で働ける日々を楽しみにしています。

胆沢病院 佐藤 瀬菜(サトウ セナ)

※平成27年 青森中央短期大学看護学科 卒

私は今、県立胆沢病院消化器内科に所属しています。県立病院は小さな頃から身近な存在でした。県外の看護学校に進学しましたが、地元で働き、地域医療に貢献したいと思い就職を決めました。入局してからは様々な病気を患った患者さんと関わり、看護の難しさややりがいを感じながら過ごしています。また、病棟の先輩、同期に支えられながら、とても働きやすい環境で働くことができています。ぜひ、一緒に県立病院で働きませんか。

磐井病院 吉永 貴紀(ヨシナガ タカノリ)

※平成28年 岩手県立一関高等看護学院 卒 

地元に貢献したいと入職してから1年が経とうとしています。外科病棟での毎日は忙しくもありますが、学ぶことも多く充実した毎日を過ごしています。その中でも、入院から受け持ちとして関わった患者さんが手術を終え無事に退院していく姿を見た時には、共に嬉しい気持ちになり、やりがいを感じます。これからも岩手の医療に貢献出来るよう頑張っていきたいと思います。私たちと一緒に働きませんか。

遠野病院 藤田 あゆみ( フジタ アユミ )

※平成24年 秋田看護福祉大学卒

私が所属している病棟は、整形外科、外科病棟で手術室に入ることもあります。患者さんがスムーズに回復していくこともあれば、困難な事例もあります。悩んだとき、困ったときはカンファレンスを行い、その人らしさを支えられるようチームで協力しています。毎日新たな気づきや学びがあり、患者さんの元気に帰っていく姿をみてとてもやりがいを感じています。皆さんも県立病院で一緒に働きましょう!

久慈病院 小林 由紀子(コバヤシ ユキコ)

※平成25年 八戸看護専門学校 卒

久慈病院に就職し5年目となります。私は県外の看護学校に進学しましたが、地元で働きたいという想いが強く県立病院に就職しました。現在、神経内科・泌尿器科・整形外科の混合病棟に所属しており、日々大変なことも多くありますが、同僚、先輩方に支えられながら楽しく働いています。また、県立病院は新人教育に力を入れており、知識・技術を身につけながら安心して働くことが出来ます。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

久慈病院 下斗米 千絵(シモトマイ チエ)

※平成28年 千葉県立鶴舞看護専門学校 卒

私は久慈病院の循環器・総合診療科等の混合病棟に勤務しています。地元に貢献し両親にも恩返しをしたいと思い就職しました。働いてみて看護師という職業は、体力・精神力・知識が必要だと実感しています。日々緊張ですが先輩の熱心な指導と「成長したね」と声をかけて頂き、もっと頑張ろうと思い勤務しています。県立病院は研修・教育体制が充実しており基礎から学べます。みなさんと一緒に働ける日が来るのを楽しみに待っています。

 

 

中部病院 森永 美波(モリナガ ミナミ)

※平成28年 旭川医科大学医学部看護学科 卒 

私は、就職先を決める際に様々な病院を見学しました。中部病院は「人と人との繋がりを大切にした看護」という自分が目指す看護が実践できる病院だと感じ、就職先に選びました。現在外科・泌尿器科の病棟に勤務し、忙しい業務の中でも患者さん・家族に寄り添い、思いやりを持って看護を行っています。一人ひとりと向き合うことで、人の温もりを感じ、やりがいに繋がっています。みなさんも岩手の地で一緒に働きませんか。

 

胆沢病院 千葉 真子(チバ マコ)

※平成27年 花巻高等看護専門学校 卒 

地元に恩返しをしたいという思いがあり、身近に感じていた県立病院に就職しました。1年目は学ぶことが沢山あり、不安でいっぱいでしたが、先輩方は自信がつくまで看護技術を見守ってくれたり、相談にのってくれたりと日々支えてもらっています。失敗も沢山ありましたが、その分得るものも多く、自分の財産となっています。患者さんとの関わりの中で「ありがとう」という言葉を頂くことや、元気に退院していく姿をみるとやりがいを感じます。休日は院内で行われているフットサルに参加したり、同期とご飯にいったりしてリフレッシュしています。県立病院は周囲のサポートが厚く、新人研修では基本の看護技術からしっかりと学ぶことができるため、新人も安心して働くことができる環境です。

中部病院 角城 結女(カクジョウ ユメ)

※平成27年 水沢学苑看護専門学校 卒 

私は、地域に根ざした看護を行いたいと思い、岩手県立病院を志望しました。働き始めた頃は、不安や焦りがありましたが、先輩方に温かく支えてもらいました。

 私は、小児科病棟に勤務しています。毎日、子供達や新生児の笑顔に癒されながら楽しく働いています。また、元気になって退院していく姿は、自分の喜びとなり働く原動力となっています。これからも、人との出会いを大切にして、感謝の気持ちを忘れずに働いていきたいと思います。

 県立病院は教育体制が充実しており、安心して働ける環境です。この笑顔あふれる職場で、皆さん一緒に働きませんか。

一戸病院 山下 晋(ヤマシタ シン)

※平成27年 岩手県立二戸高等看護学院 卒 

私は、生まれ育った岩手のために仕事をしたいと考え、岩手県立病院に就職しました。就職するまでは本当に自分が看護師として働いていけるかと不安でいっぱいでしたが、実際に働いてみると先輩方が優しく指導してくれ、充実感のある毎日を過ごしています。患者さんとの関わり方で悩むこともたくさんありますが、「ありがとう」という言葉や患者さんから悩みの相談をして頂けた時に看護師としてのやりがいを感じます。また、看護師は夜勤等があり勤務が不規則ですが、私は毎月の連休には趣味の野球をするなどプライベートも充実させています。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

大槌病院 小野寺 優(オノデラ ユウ)

※平成25年 気仙沼市立病院病院附属看護専門学校 卒  

大槌病院は平成28年に移転新築し、病棟が再開した新しい病院であるため、自分たちで一から始める楽しさと大変さを学んでいます。

大槌病院は小規模病院のため他職種との連携や地域包括ケアセンターとの結びつきも強く、患者さんを様々な方向からケアすることができ、看護師としての必要な力を培うことができます。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにています!