教育・研修体制

看護職員の継続教育について

県立病院では…

○ 専門職者として生涯に渡り成長できる

○ 職員一人ひとりの習熟度に応じた教育プログラム による、採用時からの継続教育

○ 職員一人ひとりの自己実現に向けて主体的に キャリア開発ができるよう支援

 

一人ひとりのライフプランを尊重 目標設定した研修

○ 個人の意思決定を尊重

○ 個人と組織の目標が一致する内容

○ 県立病院が主催・派遣する場合

 受講料等の支給を受けて受講可能 (認定看護師、養成研修 など)

 

 

県立病院全体で職員の生涯学習を支援します!

臨床看護実践能力指標 (クリニカルラダー)

新人 (レベルIより開始)

プリセプターが丁寧に 指導や支援をします。

目標

担当看護師としての能力を身につける

このような研修があります。

県立病院では
  1. 新採用者技術研修 I、II、III
  2. 新採用職員研修 (多職種合同)
病院内では
基本的看護技術の習得
  • プリセプター制
  • 患者受持ち制
  • 医療安全対策 
病院外では
看護協会主催研修
  • コミュニケーション技術
  • フィジカルアセスメント
  • その他の研究会 
ジェネラリスト(レベルI~V)
レベルI
(新人の学びを経て) 担当看護師としての能力を身に付ける
レベルII
担当看護師として自立し、受け持ち看護師を目指す
レベルIII
一人前の看護師受け持ち看護師として自立し、役割モデルを目指す
レベルIV
部署において看護の立場でリーダーシップを発揮できる
レベルV
医療のチームにおいて、看護の立場 でリーダーシップを発揮できる

※ジェネラリスト
特定の専門あるいは看護分野にかかわらず、どのような対象者に対しても経験と継続教育によって習得したものに基づき、その場に応じた知識・技術・能力を発揮できる者。
自分で考えて行動し、その行動に責任の持てる自立した看護師。

スペシャリスト

ジェネラリストとして、知識・技術・態度等の能力を習得すると、専門研修等を受けることができ、 認定看護師等のスペシャリストへの道に挑戦することができます。

専門研修
専門分野において 必要な能力を習得
認定看護管理者研修
看護管理者として必要な能力を習得レベル
ファースト
レベル
セカンド
レベル
サード
レベル
教育専従看護師の配置

教育専従看護師とは、新規採用職員をはじめとする全職員を対象として研修や精神的支援のほか、教育に関し幅広く活動している看護師のことを言います。9つの基幹病院(中央、大船渡、釜石、宮古、胆沢、磐井、久慈、中部、二戸病院) に配置し、看護職員をサポートしています。

看護教員への道

岩手県では、県内の医療を支える質の高い看護師を育成するため、県立の高等看護学院を二戸・宮古・一関にそれぞれ設置しています。県立病院では県保健福祉部と連携して、この県立高等看護学院の教員を志す看護師を公募し、毎年度、厚生労働省が看護師養成講習会として認定する研修に派遣し養成しています。この養成を受けた看護師は、高等看護学院の教員候補者として、看護教員の人事異動に応じて高等看護学院に配置されることになります。

教員研修受講の条件

業務経験が5年以上の県立病院に勤務する助産師、看護師で、受講修了後に県内の高等看護学院(二戸、宮古、一関)の教員として勤務する意思のある職員

研修費用等

この派遣研修に係る受講費用(授業料、給与、旅費等)は県保健福祉部において負担します。

その他

この研修とは別に、勤務しながら教員資格が取得できる通信研修も実施しています。

 

 

新人看護職員を支える職場体制

 

1. 院内研修では

・医療安全  ・感染防止  ・看護理論  ・看護記録  ・患者受け持ち制  ・接遇 ・薬品管理  ・災害時の対応  ・各部署の特徴をふまえたOJT

 

2. 県立病院外では…

看護協会主催研修

・看護の動向

・仕事を楽しく輝ける自分をめざして

・コミュニケーション技術

・フィジカルアセスメント  その他の研究会、学会など

 

3.県立病院全体では…

(1)新採用技術研修Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

Ⅰ・・・採血・与薬の技術等

Ⅱ・・・創傷管理技術等

Ⅲ・・・呼吸・循環を整える技術等

(2)新採用研修(前期・後期)

♨宿泊研修 他職種も一緒

・県立病院の概要 ・接遇 ・GW

 

岩手県立病院の特徴的な新人看護職員研修!!

(1)新採用技術研修Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

9基幹病院で同じ時期に、同じプログラムで

・中央・大船渡・釜石・宮古・胆沢・磐井 ・久慈・中部・二戸 〔認定看護師等が講師〕

Ⅰ・・・採血・与薬の技術等

Ⅱ・・・創傷管理技術等

Ⅲ・・・呼吸・循環を整える技術等

 

新採用技術研修Ⅰ 採血・与薬の技術等(4月)

 

新採用技術研修Ⅱ 創傷管理技術等(6月~7月)

 

新採用技術研修Ⅲ 呼吸・循環を整える技術等(11月)

 

医療局新採用職員研修(宿泊研修)

・他職種と一緒に研修

前期:4月~5月

後期:11月~12月

・講義、GW、懇親会

他病院の職員とも交流できる

キャリアアップ通信

医療局では働きながら資格取得できるよう様々な制度で支援を行っており、これらの制度を利用して資格取得した職員を紹介します。

これから岩手県立病院へ就職希望の皆さんに、少しでも参考になればと思いますのでぜひご覧ください。

≫岩手県立病院看護部門PR動画
ショートバージョンはこちら