教育・研修体制

看護職員の継続教育について

県立病院では…

○ 専門職者として生涯に渡り成長できる

○ 職員一人ひとりの習熟度に応じた教育プログラム による、採用時からの継続教育

○ 職員一人ひとりの自己実現に向けて主体的に キャリア開発ができるよう支援

 

一人ひとりのライフプランを尊重 目標設定した研修

○ 個人の意思決定を尊重

○ 個人と組織の目標が一致する内容

○ 県立病院が主催・派遣する場合

 受講料等の支給を受けて受講可能 (認定看護師、養成研修 など)

県立病院看護科(部)継続教育体系

 

どんな継続教育になっているの?? 【県立病院全体で支援します! 】

 

認定看護師を目指したいけれど、どうすればいいの?

新人看護職員を支える職場体制

 

1. 院内研修では

・医療安全  ・感染防止  ・看護理論  ・看護記録  ・患者受け持ち制  ・接遇 ・薬品管理  ・災害時の対応  ・各部署の特徴をふまえたOJT

 

2. 県立病院外では…

看護協会主催研修

・看護の動向

・仕事を楽しく輝ける自分をめざして

・コミュニケーション技術

・フィジカルアセスメント  その他の研究会、学会など

 

3.県立病院全体では…

(1)新採用技術研修Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

Ⅰ・・・採血・与薬の技術等

Ⅱ・・・創傷管理技術等

Ⅲ・・・呼吸・循環を整える技術等

(2)新採用研修(前期・後期)

♨宿泊研修 他職種も一緒

・県立病院の概要 ・接遇 ・GW

 

岩手県立病院の特徴的な新人看護職員研修!!

(1)新採用技術研修Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

9基幹病院で同じ時期に、同じプログラムで

・中央・大船渡・釜石・宮古・胆沢・磐井 ・久慈・中部・二戸 〔認定看護師等が講師〕

Ⅰ・・・採血・与薬の技術等

Ⅱ・・・創傷管理技術等

Ⅲ・・・呼吸・循環を整える技術等

 

新採用技術研修Ⅰ 採血・与薬の技術等(4月)

 

新採用技術研修Ⅱ 創傷管理技術等(6月~7月)

 

新採用技術研修Ⅲ 呼吸・循環を整える技術等(11月)

 

医療局新採用職員研修(宿泊研修)

・他職種と一緒に研修

前期:4月~5月

後期:11月~12月

・講義、GW、懇親会

他病院の職員とも交流できる